2種類の植毛技術のメリットを比較

薄毛の気になる人の助けになる、植毛という技術が存在します。薄毛の部分に直接毛を植えこむ方法ですが、これには大きく分けて2種類が存在し、患者本人の毛を使う方法と、本物の毛に似せた、人工毛を植えこむ方法があります。2つの植毛にはそれぞれメリットがあります。



まず、患者本人の本物の毛を植えこむ場合、かつらでは不自然になりがちな、生え際の仕上がりが自然になるというメリットがあります。

また、薄毛になりにくい本物の毛を使いますので、一生薄毛に悩まされにくい毛を手に入れられる、自然に白髪の状態になる、メンテナンスがほぼ不要というメリットも存在します。



薄毛ではない、健康的な毛が長い期間、生え続けるという部分が、本物の毛を使った植毛の特徴になります。

人工毛を使った施術の場合だと、移植用の毛を人工的にいくらでも作り出せるため、植えこむ毛の量に制限がないというメリットがあります。

本物の毛を採取するときには、メスなどの医療器具で頭皮を多少なりとも傷つけ、傷跡が気になる場合がありますが、人工毛では採取する必要がありませんので、傷跡を作る心配がありません。採取する手間がない分だけ、手術時間が短縮されます。



また、本物の毛を移植する手術に比べて、費用が安く済むというメリットもあります。ただし、人工毛の植毛は、身体が異物だと判断して、その内に毛を押し出してしまいます。
継続的な効果を期待するなら、本物の毛を使った植毛を利用するのがおすすめです。



Copyright (C) 2016 2種類の植毛技術のメリットを比較 All Rights Reserved.